「蔵の音」 kura-no-ne creative music blog

Peter Brotzmann & Sabu Toyozumi DUO @ Kura-No-Ne 4/11(sat)

Peter Brotzmann & Sabu Toyozumi DUO @ Kura-No-Ne 4/11(sat)
ペーター・ブロッツマン/サブ・トヨズミ デュオ @ 蔵の音 4月11日(土)


なんと今年も実現致しました!
国は違えどドイツと日本でフリージャズ以降の歴史を作ってきたと言っても過言ではない二人による白熱のデュオ! 
お二方とも70歳を超えても、尚も高みを目指すその様には圧巻です!
お時間ある方は是非いらして下さい!



b0196248_310755.jpg

********************Peter Brotzmann & Sabu Toyozumi DUO @ Kura-No-Ne 11/20/2010(sat) photo by Y.Takahashi********************


b0196248_2192931.jpg


b0196248_2195329.gif


ペーター・ブロッツマン[Peter Brotzmann](reeds)

1941年ドイツのレムシャイト生まれ。学生時代は美術を専攻しフルクサス運動の洗礼を受ける。サックスとクラリネットを独学で習得。 60年代半ばからプロのミュージシャンとして活動を始め、66年ジャズ・リアリティーズとして欧州楽旅、ヨーロッパ初の即興演奏オーケストラ、グローブ・ユニティーに参加。67年、初リーダー作「For Adolph Sax」を、68年には「Machine Gun」を自主制作。69年にミュージシャン自身でレコード制作、ワーク ショップ、フェスティバルなどを行なうためにアレキサンダー・フォ ン・シュリッペンバッハ、ヨスト・ゲバース等とFree Music Production(FMP)を設立。
以後、膨大な数の作品を発表し、現在まで精力的に活動し続けている。 日本には80年ハン・ベニンクと初来日。以来、度々訪れてさまざまなミュージシャンと共演しているが、豊住芳三郎との演奏は、82年来日録音が「SABU BROTZMANN DUO」として99年にImprovised CompanyからCD化されている。

www.peterbroetzmann.com/


b0196248_2133882.jpg

b0196248_13511880.gif

Sabu Toyozumi brief history (略歴)

豊住芳三郎(ds,perc,erfu):1943年7月11日生まれ
63年、青山学院大学在学時に富樫雅彦に師事、67年に海外で初めて認められたロック・グループSamuraiでヨーロッパ・ツアー。
69年、日本で最初のフリージャズ・グループの一つ、吉沢元治トリオ(吉沢元治、高木元輝、豊住芳三郎)、
高柳昌行のニュー・ディレクション(高柳昌行、吉沢元治、豊住芳三郎)に参加。
その後、高木・豊住デュオで人気を博す。71年4月シカゴに渡りAACMに参加。ジョセフ・ジャーマンとのデュオ、
ドン・モイエ(The Art Ensemble Of Chicago正式加入以前)とのパーカッション・グループ他、様々なユニット、ワークショップに参加。
翌72年1月に渡仏。アラン・ショーター、ボビー・フュー、ボブ・リード、加古隆、グレン・スピアマン、ラファエル・ギャレット等と共演、
アラン・ショーター・トリオ、ボビー・フュー・トリオ、Emergency、アンソニー・ブラクストンのCreative Music Orchestraなどで活動する。
翌73年8月インドネシアへ。74年1月に一時帰国、自己のグループで「Sabu / Message to Chicago」(TRIO)を製作。
同年10月ブラジルへ。翌75年4月に正式に帰国。同月、富樫雅彦「Spiritual Nature」(East Wind)の録音に参加。
生活向上委員会のメンバー等とサブ豊住ユニットを開始。「七つの海」のコンサート他、精力的に活動。
その後も、阿部薫、小杉武久、デレク・ベイリー、ハン・ベニンク、バール・フィリップス、ポール・ラザフォード、ジョン・ゾーン、ジョン・ラッセル、マッツ・グスタフソン、鈴木昭男、オカイ・テミズ等多くのインプロヴァイザーと共演。
また、レオ・スミス、ペーター・ブロッツマン、ミシャ・メンゲルベルグ等を招聘し歴史的作品を残す。
その他に紹介すべき活動・作品は多くあるが、中でも「2 to 10 Saxophone Adventure」(Philips)に収録の高木元輝との「深海」、
阿部薫との「Overhang Party」(ALM)、自己のユニットによる「The Masterpiece」(ALM)、
ペーター・ブロッツマンとの「Sabu Brotzmann Duo」(Improvised Company)、
ミシャ・メンゲルベルグとの「The Untrammeled Traveller」(Chap Chap)などは特筆すべきだろう。
近年は、ノイズ・バンド非常階段に参加したりと各界からの視線も熱い。

Sabu Toyozumi discography;
http://sabutoyozu.exblog.jp/

Kaitai Records;
http://kaitaireco.exblog.jp/


Peter Brotzmann & Sabu Toyozumi DUO @ Kura-No-Ne 4/11(sat)
ペーター・ブロッツマン/サブ・トヨズミ デュオ @ 蔵の音 4月11日(土)


開場19:00
開演19:30
予約3,000円(1ドリンク付き)*当日昼12時まで御予約可能。
当日3,500円(1ドリンク付き)

ご予約・お問い合わせは下記のe-mailアドレスにて承ります。
yellowishradio@hotmail.co.jp


蔵の音(Kura-No-Ne)
埼玉県越谷市越谷1-12-23
TEL 048-965-2397
e-mail yellowishradio@hotmail.co.jp
http://kuranonecm.exblog.jp/

休憩時間もしくはライブ終了後に貴重なレコードとCDを販売する予定です。

東武伊勢崎線/日比谷線・半蔵門線直通
『越谷駅』東口徒歩7分
JR武蔵野線『南越谷駅』車3分
蔵の音専用駐車スペースあり(無料)

b0196248_215353.jpg

[PR]

# by kuranonecreativem | 2015-03-16 02:56